よくある質問Q&A

調乳のみにウォーターサーバーを使用したら毎月いくらかかる?

Q&A

ウォーターサーバーの水の価格赤ちゃんがいる家庭では母乳ではなく粉ミルクから調乳をし、授乳をさせている方も少なくありません。特に給湯機能がついているウォーターサーバーは、このような家庭での利用にもおすすめです。ウォーターサーバーを導入していない方の中には、どれくらいの費用がかかるのかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、1カ月ウォーターサーバーを調乳のみに使用した場合にかかる費用について解説します。

一日の授乳量、授乳回数は?

一日当たりの授乳量や授乳回数は赤ちゃんが生後どれくらい経過しているかによって異なりますが、最大で授乳量は一回200ml、授乳回数は一日3回程度となります。そのため、これを一カ月に換算すると授乳量は18,000mlとなります。

ウォーターサーバーの水の価格はどれくらい?

一方でウォーターサーバーの水の値段は業者によって大きく違ってきますが、特に安い天然水やRO水の中には500mlあたり55円程度のものも存在します。ただし、業者によっては一か月あたりの最低注文本数が設定されていることもあるため、調乳に使用する量だけを注文するのは難しいことも多く、あらかじめ規定などを確認しておかなければなりません。

1カ月の費用は

以上のことから、18,000ml÷500ml×55円=1,980円が水のみにかかる費用となります。ただし、ウォーターサーバーの使用にあたっては、上述のとおり最低注文本数が設定されていることが多いため、水の値段だけでもこれ以上の金額になることがあります。また、業者によってはサーバーのレンタル代が毎月生じることもあるため、業者に支払う料金はこれ以上になる可能性もあります。

一方で、ウォーターサーバーの使用にあたっては電気代も発生します。特に給湯機を頻繁に使用する場合、その金額は月1,000円以上になることもあるため、契約をするにあたってはその点についてもよく確認しておかなければなりません。