よくある質問Q&A

ウォーターサーバーに搭載された子ども向けの事故防止機能とは?

Q&A

ハイハイする赤ちゃんウォーターサーバーにはさまざまな種類があり、搭載されている機能も多種多様ですが、現在ではほとんどのサーバーに給湯機能が搭載されています。多くのウォーターサーバーでは、この給湯機能によって90度近いお湯をいつでも出すことができるようになるため、赤ちゃんがいる家庭の中には、ミルク作りでの使用を念頭に置いて導入を決めたという方も多いかもしれません。

ですが、赤ちゃんが誤ってウォーターサーバーに触れてしまった場合、この給湯機能が作動してしまうと赤ちゃんが火傷をしてしまう危険性もあり、その防止としてどのような機能がウォーターサーバーに搭載されているのか知りたいという方も多いことでしょう。

そこで、今回はウォーターサーバーの事故防止機能に関して解説したいと思います。

ウォーターサーバーについている事故防止機能とは

赤ちゃんがいる家庭でウォーターサーバーを利用する場合、特に重要となるのがチャイルドロック機能です。この機能が搭載されたウォーターサーバーでは、給水口の上にレバーのロックがついており、これを回すことでレバーを押しても給水がされなくなります。

そのため、給湯機能がついているウォーターサーバーの場合、このチャイルドロック機能がついていれば赤ちゃんが誤ってレバーに触れることで発生する火傷事故なども防ぐことができ、特に赤ちゃんがいる家庭ではこの機能がついていることを重視してウォーターサーバーを選ぶのがおすすめです。

事故防止機能がついていないウォーターサーバーは

ウォーターサーバーによる子どもの火傷事故が起きていることも、事実として認識しておかなければならないでしょう。2015年ごろに各メディアによって報道がされたことをきっかけに、ほとんどの業者が事故防止機能をサーバーに取りつけるようになったため、現在ではチャイルドロックをはじめとした事故防止機能はほとんどすべてのウォーターサーバーに搭載されています。