よくある質問Q&A

赤ちゃん基準でウォーターサーバーを選ぶ際の注意点とは?

Q&A

ウォーターサーバーの業者赤ちゃんがいる家庭でウォーターサーバーを導入する際には、赤ちゃんを基準としてサーバーを選ぶ必要があります。ここではその際に特に気を付けるべきポイントについて解説します。

硬度の低い水を選ぶ

ウォーターサーバーで使用する水に限らず、硬度が高い「硬水」は赤ちゃんの胃腸の粘膜を傷つけ、下痢などの症状を引き起こす可能性があります。そのため、ウォーターサーバー選びにおいては使用する水の硬度を確認しなければなりません

硬度の低い水としては天然水やRO水などが該当しますが、一方でミネラルウォーターに関しては硬度が低いものと高いものが存在するため、特に注意深く確認をしなければなりません。また、ミネラルウォーターの場合は、一概にはいえないものの国産のものは硬度が低く、外国産のものは硬度が高いという特徴もあります。

ボトルは使い捨てのものがおすすめ

ウォーターサーバーの一種としてサーバーの上部にボトルを装着するボトル型ウォーターサーバーが存在しますが、これに使用するボトルには使い捨てのものと何度も再利用するものがあります。

このうち、何度も再利用するものは、業者によって空になったボトルが回収された後、洗浄などを行ってから新たな水を入れ、再び利用者に向けて出荷される形となりますが、業者によってはこの洗浄が十分に行われていないことも考えられるため、特に赤ちゃんがいる家庭では使い捨てのボトルを使用するウォーターサーバーを選ぶ必要があるといえるでしょう。

ミルク作りに使うなら給湯機能がついたものが便利

赤ちゃん用のミルク作りではお湯が必要となりますが、夜中にぐずついたときは、ミルクを作るためにお湯を沸かすことは大きな負担となります。そのため、給湯機能がついているウォーターサーバーであれば、いつでもすぐにお湯を用意できるため、赤ちゃんがいる家庭には特におすすめです。