よくある質問Q&A

赤ちゃん用のミルク作りでの利用などを目的とした赤ちゃんがいる家庭でのウォーターサーバーの導入に伴ってはさまざまな疑問が生じることと思います。ここではその典型的なものを挙げ、Q&A方式でご紹介していきます。

ウォーターサーバーは赤ちゃんのいる家庭での使用に向いている?

ウォーターサーバーは赤ちゃんのいる家庭に必要?

赤ちゃんのいる家庭一般的に日本の水道水は安全性が高く、そのまま口にしても健康被害が表れることはないとされています。ですが、このことは免疫力が低い赤ちゃんに関しては別物と考えなければなりません。特に、水道水中に含まれる塩素はそれ自体が赤ちゃんの体にとって悪影響であるだけでなく、水道水に含まれる有機物と化合することで発がん性物質を生成するともいわれており、水道水を赤ちゃんに飲ませることは避けたほうが賢明です。

一方で、ウォーターサーバーの場合、使用する水は不純物など処理が十分に行われているため塩素や発がん性物質が含まれることはなく、赤ちゃんにも安心して飲ませられることから、安全性の高い水を確保する上でウォーターサーバーは赤ちゃんのいる家庭に必要といえます。

ウォーターサーバーでミルクを作るメリットとは?

ミルクを飲む赤ちゃん赤ちゃん用のミルクを作る際には水を使用しますが、この水に上述した塩素などが含まれていると、当然赤ちゃんの体への悪影響も生じます。そのため、ウォーターサーバーはミルクを作る際にも一定の安全性を確保できるという点で大きなメリットがあります。ただし、ウォーターサーバーの水の中でも硬水を赤ちゃんに与えてしまうと下痢などの症状を引き起こすことがあるため注意が必要です。

ミネラルウォーターとウォーターサーバーの赤ちゃんへの適正は?

ミネラルウォーターの一部が赤ちゃんに向かないのはなぜ?

赤ちゃんウォーターサーバーを赤ちゃんがいる家庭で使用する際に特に気をつけなければならないのが水の種類です。特にミネラルウォーターの中でも上述したとおり、硬度が高くミネラル分を多く含んでいる硬水は、赤ちゃんに飲ませると下痢などの症状を引き起こすことがあるため注意しなければなりません。

これはまだ免疫力が低い赤ちゃんの胃腸において、硬水に多く含まれるミネラルをうまく処理できないためであり、そのことからウォーターサーバー選びにおいては硬度が低い軟水を使用するものを重点的に探す必要があります。

ウォーターサーバーが赤ちゃんのいる家庭におすすめな理由は?

業者ウォーターサーバーで使用される水は、不純物の処理などが十分に行われているため、上述した軟水であることを重視すれば、非常に高い安全性を確保できるものです。また、それにとどまらず、特にボトル型ウォーターサーバーは、ボトルの配達を行ってもらえるなど、赤ちゃんがいる家庭にとって有意義なサービスも付帯しているため、その使用は特におすすめできます。

赤ちゃん基準でウォーターサーバーを選ぶ際の注意点とは?

ウォーターサーバーを選ぶ際の注意点を説明する女性上述のとおり赤ちゃんがいる家庭でのウォーターサーバー選びにおいては、使用する水が軟水であることを重視する必要があります。しかしながら、赤ちゃん基準でウォーターサーバーを選ぶ場合は、これ以外の点に関しても注意が必要です。

中でも特に気を付けたいのが、ボトルが使い捨てのものであるという点です。ボトル型ウォーターサーバーで使用するボトルは、使い捨てのものと再利用するものがありますが、このうち再利用するものは業者が空になったものを回収し、洗浄を行ってから新たな水を入れ、再び出荷されることとなります。しかしながら、この際の洗浄が十分に行われていないと細菌などが発生することによる赤ちゃんの体への悪影響が生じることもあるため、赤ちゃんがいる家庭では使い捨てタイプのボトルを使用したものを導入するのがおすすめです。

また、赤ちゃんがいる家庭では、多くの場合、ミルク作りにウォーターサーバーの水を使用することが考えられますが、この際に給湯機能がついていると、粉ミルクをすぐに溶かすことができるだけでなく、冷水と併用することによる温度調整も簡単に行えるため、この点に関してもウォーターサーバー選びでは重視するのが賢明です。

ウォーターサーバーに搭載された子ども向けの事故防止機能とは?

排水口赤ちゃんがいる家庭でウォーターサーバーを導入する際には事故防止機能が搭載されていることも重視しなければなりません。

特に、給湯機能がついているウォーターサーバーの場合、赤ちゃんが誤って給水口に触れてしまうと火傷をしてしまうかもしれません。このことから、ウォーターサーバーの多くは、給水口のレバーの上部にチャイルドロックがついていることも多く、ウォーターサーバー選びにおいてはその有無も確認しなければなりません。

一方で、ウォーターサーバーによる子どもの火傷事故は2015年ごろに各メディアで報道されたことがきっかけとなり、ほとんどのメーカーでその対策としてチャイルドロックなどの事故防止機能が取り付けられるようになりました。そのため、今日では事故防止機能がついていないウォーターサーバーを見つける方が難しいかもしれません。

調乳のみにウォーターサーバーを使用したら毎月いくらかかる?

ウォーターサーバーの水の価格!?一日当たりの授乳量や授乳回数は、赤ちゃんが生後どれくらい経過しているかによって異なりますが、最大で授乳量は一回200ml、授乳回数は一日3回程度となるため、一カ月に換算すると授乳量は18,000ml程度となります。

これに対してウォーターサーバーの水の価格は、その種類によっても異なりますが、安価な天然水やRO水などの場合、500ml当たり55円程度のものも存在します。ただし、この点に関しては、業者によって最低注文本数が指定されており、調乳に使用する分だけを注文することは難しいこともあるため、あらかじめ規定などを確認しておきましょう。

これらの数値から換算すると、18,000ml÷500ml×55円=1,980円が水のみにかかる費用となります。しかしながら、ウォーターサーバーを使用する上では、これ以外にサーバーのレンタル料や電気代もかかるため、実際の費用はさらに多くなることが考えられます。

ウォーターサーバー業者による「赤ちゃん向けキャンペーン」とは?

ウォーターサーバー業者と女性赤ちゃんがいる家庭でのウォーターサーバーの導入においては「赤ちゃん向けキャンペーン」などを利用したいと考えている方も多いことでしょう。しかしながら、このようなキャンペーンを行っている業者は決して多くはなく、その理由としては少子化により赤ちゃんがいる家庭が少なくなったことから、そのようなキャンペーンを行っても思ったような顧客獲得効果は得られないと考える業者が多いことも挙げられます。

しかしながら、いくつかの業者ではこのようなキャンペーンを期間限定で行っており、具体的な特典としては初回のみ水が〇本まで無料といったものが特に多く、それ以外では赤ちゃんがいる家庭限定のプレゼントや引っ越し時のサーバー移動料金が無料などといったものもあります。

このようなキャンペーンを利用するためには母子健康手帳のコピーを提出しなければならないといった手間がかかる反面、それを利用しても結果的にはあまりお得ではないというケースもあるため、キャンペーンの有無だけを業者選びにおいて重視するべきではありません。

ウォーターサーバを利用した赤ちゃん用ミルクの作り方とは?

粉ミルクウォーターサーバーを利用して赤ちゃん用のミルクを作る基本的な手順は、まず最初に哺乳瓶と粉ミルクを用意し、表示内容に従って哺乳瓶に適量の粉ミルクを入れます。続いて哺乳瓶にお湯を入れ、蓋をしたら軽く振りながら粉ミルクを溶かし、その後水を入れて温度を調整します。最後に乳首部分を装着したら完成です。

ただし、粉ミルクの種類によっては、この手順とは異なる方法がメーカーによって指定されている場合もあるため、必ずパッケージなどの注意書きを十分確認するようにしてください。この際、給水口などに繁殖したカビなどが水に混入してしまうことがあるため、ミルクを作る前には必ずサーバーの衛生状態をチェックするようにし、清掃などは普段から小まめに行っておく必要もあります。

ウォーターサーバーの冷水は赤ちゃん用のミルク作りに使える?

冷水市販されている粉ミルクは、お湯を使用して溶かすことが推奨されていることがほとんどです。そのため、一般的には水の煮沸消毒もかねて沸かしたお湯でミルクを溶かしながら徐々に冷まし、温度調整も行うこととなります。ほとんどのウォーターサーバーでは温水機能だけでなく冷水機能も搭載されていることが多く、それを併用することで簡単に温度調整も行えるようになります。

一般的な方法で粉ミルクを溶かす場合は、煮沸消毒を行い、塩素などを飛ばした状態のお湯を使用することとなりますが、ウォーターサーバーの水はそもそも塩素などの有害物質が含有されていないため煮沸消毒を行う必要もなく、温水機能によって供給されるお湯をそのまま使用することができます。

この場合においても、上述したとおり給水口などのウォーターサーバー側の衛生面に問題があると、黒カビなどが供給されるお湯に混入してしまうこともあるため、ウォーターサーバーは日ごろから小まめな清掃を行い、使用前には給水口などの衛生状態のチェックも十分に行わなければなりません。

卒乳後のウォーターサーバーの使い道は?

離乳食赤ちゃんは1歳を過ぎると徐々にミルクを飲まなくなることから、赤ちゃんが生まれたことをきっかけとしてウォーターサーバーを導入しても、1年後には使わなくなるのではと考える方も少なくありません。しかしながら、子育てにおいてウォーターサーバーを使用する機会はこれ以外にも存在するため、生後12カ月以降もウォーターサーバーは継続して使用することができます。

中でも離乳食づくりはウォーターサーバーを活用できる機会の典型といえます。ミルクを飲まなくなった赤ちゃんは、離乳食を食べることによって徐々に固形の食べ物にも慣れていくこととなりますが、市販されている離乳食の中にはお湯を使用して調理するものも少なくありません。

このときに使用するお湯は、ミルクを作る際と同様に塩素などが含まれない安全性の高いものである必要があるため、適切な処理が行われたウォーターサーバーの水は、この際の使用にも適しています。そのため、特に温水機能がついているウォーターサーバーは、赤ちゃんがミルクを飲まなくなった後も活用することができます。

一方で、徐々に固形の食べ物に慣れ始めた赤ちゃんは水を飲むことによって水分補給をすることとなりますが、この水もまた安全性の高いものでなければなりません。そのため、安全性が高いウォーターサーバーの水は、ミルクを飲まなくなった赤ちゃんの水分補給減としても活用することができます。

ウォーターサーバーの水は細菌だらけ?おすすめの対策は?

ウォーターサーバーの水は適切な処理が行われているため通常の状態であれば細菌だらけということはありません。しかしながら、サーバーの内部は利用者が清掃を行うことはできない場合が多く、また、目視確認もできないことがほとんどであるため、場合によっては衛生状態が悪くなり、そのことが水の衛生状態に影響し、細菌を繁殖させることもあるかも知れません。

その一方で、水道直結型ウォーターサーバーは一般的なボトル型ウォーターサーバーとは異なり、家庭にある水道に直結させ、内部に搭載された高度なろ過機能によって水道水を処理するため、その安全性は赤ちゃんに与える水の基準も満たしているといえます。また、水道直結型ウォーターサーバーは業者がメンテナンスを行っていることが多いだけでなく、内部の自動清掃機能などが搭載されたものも多いため、サーバー内の衛生状態とそれが水に及ぼす影響が気になるという方にもおすすめです。

水道直結型ウォーターサーバーはいくつかの業者が取り扱っており、各々で仕様の違いがありますが、その中でも特におすすめなのが「Cool Qoo」です。この商品には上述したとおり水道水を安全性の高い状態にまでろ過し、供給する水道直結型ウォーターサーバーの基本的な機能が搭載されており、その水は赤ちゃんにもそのまま飲ませることができます。また、それと同時に内部の自動クリーン機能や業者スタッフによる定期的な有人メンテナンスも付加されており、赤ちゃんがいる家庭内での使用にもおすすめです。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。さまざまな側面から比較して、もっともニーズに合ったウォーターサーバーを選んでみてください。

COOL QOO(クールクー)

COOL QOO(クールクー)
初期費用無料※一部条件付き
月額費用サーバー300円(税抜き)~、水925円(税抜き)~
電気代月約330円~950円
メンテナンス代無料
解約金ご契約後またはサーバー交換後、9ヶ月未満でご解約された場合、税込16,200円
9ヶ月経過後、2年未満でご解約された場合、税込9,720円

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

  • 口コミ①

    今では、この自動給水式ウォーターサーバー「CoolQoo」と出会って、ウォーターサーバーのストレス全てから開放された気分です!

  • 口コミ②

    これまでいろいろと美容にお金をかけてきましたが、この圧倒的コストパフォーマンスからは、もう抜けだせません!ウォーターサーバーよりも安くて、びっくりだらけです!

公式サイトはこちら

ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用1,900円(税込2,052円)※水12L
電気代約465円
メンテナンス代定期メンテナンス不要
解約金規定利用期間(2年)満了前に解約もしくは交換を希望される場合、解約に9,000円(税込9,720円)、交換に5,000円(税込5,400円)

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

公式サイトはこちら

楽水(らくみず)

楽水(らくみず)
初期費用無料
月額費用サーバー572円(税抜き)~、1,050円(税抜き)※水12L
電気代概ね電気ポットをご使用の場合と同程度
メンテナンス代無料
解約金サーバー設置後1年以内にサーバー引上げを行う場合は、4,762円(税別)

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

公式サイトはこちら